NASCはTEAM TAISAN EV RACEを応援します! 

Team TAISAN Race Report No.2

JRVRA Rd1 富士Team TAISAN TESLA #1 #2 1-2 Finish初戦を飾る82勝

2019/Apr. 15
 

JRVRA Rd1 富士Team TAISAN TESLA #1 #2 1-2 Finish初戦を飾る82勝 祝2010年創設10周年JEVRA 2018ディフェンディングチャンピオンとして昨年と全く同じドライバー陣営で連覇をめざす。
#1Teasla Model S 東大生ドライバー地頭所 光(22)に草加教授率いるモータースポーツ研究室がデータなど提供。 シートをバケットシートへ変更しドライバーポジションの向上を図る。タイヤは、DUNLOP FALKEN。 #2 TESLA R Road Star 参加者最年少18歳でEV-1クラスチャンピオンに輝いた 木村龍祐には、2011-12総合優勝車両井土チューンのRoad Star に最新スペックの 横浜Sタイヤが提供された。両車両共に太産 給水システムの冷却効果抜群!!
他チーム #22 EV-1 DMG MORI テスラS昨年に引き続き再度挑戦。 #7 EV-P TOYOTA MIRAI 水素車両プロトタイプへ変更参戦。 EV-2×2台 EV-3×3台 EV-F F1ドライバー井出有治 EV-C×3台 合計 15台
≪予選≫モーターFan FESTA のオープニングイベント25,000人の観衆の中、1位#1Model S 2’11.7 3位#2 Road Star 2’14.617 1-3の好ポジションを獲得。
≪RACE≫9周のスプリントレースとなり、電欠に配慮したコントロール走行が重要ポイントである。 Lap1 #1 好スタートTopをキープ、#22とはテール・トゥ・ノーズ #2は19秒差。 Lap2 #1(2015車両) 一旦引いて#22(2018車両)を先行させ様子を伺い、16秒のベストラップ、トップスピード差20km Lap3-4 #1再びトップへ Lap5-6 再び#1は2位へ引く、バッテリー、温度コントロール。 Lap7 #1再びTopへ2位は△0.2秒差で#2がテール・トゥ・ノーズ3台のバトルが続く。場内実況放送は、大興奮。 Lap8-9 #1-#2最終コーナーで迫ったが、リミッター作動し2位でゴール。 初戦を1-2フィニッシュで飾り、幸先の良いスタートとなった。

 
 
 


Team TAISAN Race Report No.1

いよいよ 2019 シーズン開幕  TESLA #1 #2 Champion Team

2019/03

-->