2007/RALLY-information
 

● No1   2007年 2月17日−18日 : 東京―千葉250km
● No2   2007年 6月9日−10日 :  軽井沢200km
● No3   2007年 9月8日(土)-9日(日) : 安曇野250km
● No4   2007年 11月10(土)−11(日) 東京―栃木300km

NASC Classic Car Rally Series 2007 : レース結果報告
NASC Classic Car Rally Series 2007 最終  (PDF) 
シリーズNO4 結果 (PDF) 
シリーズNO3 結果 (PDF) 
シリーズNO2 結果 (PDF) 
シリーズNO1結果 (PDF)    (トレーニング結果はこちらです)
2007/photo
2007 NO.4 : photo
2007 NO.3 : photo
2007 NO.2 : photo
2007 NO.1 : photo

NEW classic event

NASC AVE-RALLY No2 信州戸倉上山田温泉NASC AVE-RALLY No2 信州戸倉上山田温泉

SUPER CAR RALLY CHALLENGE 2018 No1 妙高SUPER CAR RALLY CHALLENGE No1 妙高

妙高ヒルクライム HLL G.P. 2018妙高ヒルクライム HLL G.P. 2018

SUPER CAR RALLY CHALLENGE 2018 No2 群馬SUPER CAR RALLY CHALLENGE No2 群馬

お問合せ過去のイベントレース結果

Yahoo! JAPAN

  • ウェブ全体を検索
  • このサイト内を検索

NASC Classic Car Rally Series 2007

NASC Classic Car Rally Series 2007 : レースのご案内

NASC RALLY コンセプト

  • 初心者からベテランまで楽しめるラリーを目指して。
  • 1930年代から1975年までの車両が参加可能  *年式により+ハンディを設定 
  • 競技ライセンス不要 
  • 車を壊さない為に、ダレでも安全に走れるアベレージ(指定速度)を設定。
  • 前日の公式練習によりトレーニング不足も解消  (初心者にはラリー講習会も実施します)
  • ラリーは1DAY15−20CP を設定  (No1 No4 は2DAY イベントとする)
  • ラリーシリーズポイントを設定し2007年シリーズチャンピオンを決定!!  (No1、No4 はポイント1.5 倍とする)
  • 各戦ごとに多くのトロフィーと魅力的な賞品を用意。

2007/RALLY-information

● No1   2007年 2月17日−18日 : 東京―千葉250km
● No2   2007年 6月9日−10日 :  軽井沢200km
● No3   2007年 9月8日(土)-9日(日) : 安曇野250km
● No4   2007年 11月10(土)−11(日) 東京―栃木300km

NASC Classic Car Rally Series 2007 : レース結果報告

NASC Classic Car Rally Series 2007 最終  (PDF) 
シリーズNO4 結果 (PDF) 
シリーズNO3 結果 (PDF) 
シリーズNO2 結果 (PDF) 
シリーズNO1結果 (PDF)    (トレーニング結果はこちらです)

2007/photo

2007 NO.4 : photo
2007 NO.3 : photo
2007 NO.2 : photo
2007 NO.1 : photo

2007年「NASC RALLY シリーズシード参加権」について

*シリーズNo1 戦申し込み時に、ラリー参加費用のみ全4戦分¥200.000をお支払 い頂いた方にはシード権が与えられ、規定台数を超えた場合でも年間シリーズ参加が約束されます。(ゼッケンは申し込み順になります。)

参加区分

NO.4専用ルール

B クラス→ ラリー参加経験5戦以内のビギナー
V クラス→ ラリー参加5戦以上のベテランクラス

クラスポイント表彰は総合のみとし、Bクラスは特別表彰とする。 *2008年度シードゼッケンは総合表彰シリーズ順位により決定する。

クラス区分+ハンディ  
Class
1939年までハンディ+20%
1949年まで+10%
1959年+5%
1975年まで+0%
参加資格:
  1. ドライバーが運転免許証を所有している事
  2. 参加車両は各自の責任において有効な保険に加入している事
  3. 仮ナンバーは原則として参加不可
  4. 参加車両には正確なトリップメーター、電波時計装着が望ましい。
  5. パーティ及び表彰式の服装の規定は設けないものとする(自由)

タイム測定基準

*ポイントは下記表を基準とするが主催者側の判断によりシーズン中でも変更する場合がある。 早着・遅着関係なくターゲットタイムに対しての誤差タイムの少ない者から順位(ポイント)を付ける。

但し、誤差タイムが同タイムの場合は、同ポイント(ポイントの高い方)とし、低い方のポイントは
欠ポイントとする。計測した全てのCP データをポイントに換算する。

換算したポイントについて、Class 別にハンデキャップを計算する。

※Result に記載される誤差タイムは、必ずしも順位(ポイント)と一致するとは限らない。
表彰は、基本的に全ポイントの合計の多い順に1位、2位・・・とする。
同ポイントの場合は、同順位(順位の高い方)とし、低い方の順位は欠順とする。
シリーズポイントは、表彰した順位をポイントに換算する。
同順位の場合は、同ポイント(ポイントの高い方)とし、低い方のポイントは欠ポイントとする。
シリーズ4戦中3戦以上参加でシリーズ表彰とする。

*NASC RALLYのルールはオーガナイザー側の判断によりシーズン中でも一部変更になる場合が有ります。